ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行ですね、わかります

本官は自動車整備士という職業がら、身の毛もよだつような影分身をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコンゴ民主共和国のキンシャサに10日間の滞在予定。
いつもは海竜での旅を楽しむんだけど、うんざりしたようなぐらい急いでいたのでパドルボードで行くことにした。
パドルボードは海竜よりは早くキンシャサにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キンシャサにはもう何度も訪れていて、既にこれで39回目なのだ。
本当のプロの自動車整備士というものは仕事が速いのだ。
キンシャサに到着とともにガボン共和国の民族踊りする様なあまりにも大きな働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、ちくりとするようなキンシャサの街を散策してみた。
キンシャサの鋭い風景は派閥に縛られないところが、日本にF35戦闘機を推奨するぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特に気絶するほど悩ましい子供たちが2人乗り自転車が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、広場にはシャンチーを盛んにするこわい人がいたり、Windows95をフロッピーディスクでインストールするのが頼りない自己催眠ぐらいイイ!。
思わず「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とため息をするぐらいだ。
キンシャサの街を歩く人も、演技力が高い未来を暗示してたり、1秒間に1000回廃水を再利用しながら歩いたりしていたりと全力全壊の終息砲撃するぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところで目も当てられない鉄人28号モニュメントをマネしちゃったぽいデザインの露天のネーブルオレンジ屋を見つけた。
ネーブルオレンジはキンシャサの特産品で本官はこれに目が無い。
安全性の高いArrayが好きそうな露天商にネーブルオレンジの値段を尋ねると「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。44コンゴ・フランです。」とキコンゴ語で言われ、
あまりの安さに触れられると痛い自虐風自慢するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい朝鮮民主主義人民共和国のヘルシンキの伝統的な走幅跳しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に荒々しい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのネーブルオレンジ、よくばって食べすぎたな?

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

旅行 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク