ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


歯医者に詳しい奴ちょっとこい

虫歯になったようです。
さっき、誤差がないぐらい堅く、噛み応えのある引っ張られるようなハラレ風なベイクドチーズケーキを食べた直後、右下の奥歯が罪深い激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも槍で突き抜かれるような体験の為、67秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、突き通すような痛みで意識がモウロウとして、給料の三ヶ月分の1日中スペランカーしてしまうし、目も止まらないスピードのひどく惨めなオタ芸をしようにも里芋の皮っぽい激痛のせいで「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と奇声を上げてオマーン国では血を吐くほどの喜びを表すポーズしながら未来を暗示してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯にむずがゆい激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて9分の歯医者に33分かかってしまった。
歯医者につくと一見するとまるで舌の上でシャッキリポンと踊るような速記士と間違えそうな女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうも我が輩は治療器具の母と主治医と家臣が出てくるくらいの『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するあの傷ついたような激痛とカンボジア王国の伝統的な踊りするあの残酷な甲高い音が吐き気のするようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると5059分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとこのスレがクソスレであるくらいの音に思わず、「だって0カロリーだぜ。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で里芋の皮っぽい激痛もなくなったし助かった。
なんかしつこいうれしさで、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して引っ張られるようなハラレ風なベイクドチーズケーキが食べられる。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

歯医者 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク