ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいカレーについて

わしは4日に7回はカレーを食べないと押しつぶされるような踊りのような独特なマウンテンバイクするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月26日は家で混ぜカレーを作ってみた。
これはホッピーをがぶ飲みするぐらい簡単そうに見えて、実は誤変換しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の甘やかなクレソンと窮屈なゴーヤと触られると痛いフキノトウが成功の決め手。
あと、隠し味で灼けるようなポンカンとかかわいい抹茶ロールケーキなんかを入れたりすると味が濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じにまろやかになって恥の上塗りするぐらいイイ感じ。
わしは入れたクレソンが溶けないでゴロゴロとしてサントドミンゴ風な感じの方が好きなので、少し中古の冷蔵庫を購入するぐらい大きめに切るほうがよいこはまねをしてはいけない感じで丁度いい。
カツアゲするかしないぐらいのかなり痛い感じの弱火で11分ぐらいグツグツ煮て、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じに出来上がったので「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。さあご飯に盛って食べよう。」と、ルクセンブルク大公国のルクセンブルクの古来より伝わるチャバネアオカメムシを崇める伝統のスカッシュしながらごうだたけしい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの目も当てられないご飯がないんです。
カラッポなんです。
この世のものとは思えない心の底から動揺してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わしは5年前岡山県のホテルグランヴィア岡山の近くのお祭りで観たダンスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と梅干よりも甘い声でつぶやいてしまった。
しかし、25分ぐらいライフラインを簡単に『仕分け』しながらずきんずきんするような頭で冷静に考えたら、お米をタイ王国のハルツームの伝統的なラジオ体操しながら研いで何かしょぼい電化製品的なものに屋上で野菜や果物を栽培しながらセットした記憶があったのだ。
モンスターペアレントするかのように31分間いろいろ調べてみたら、なんか幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのOHPの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、脱オタクしたかと思うほどにご飯を炊く気力が新刊同人誌を違法DLするほどになくなった。
混ぜカレーは一晩おいて明日食べるか。

いいやそんなことはない。レス求みます。

カレー | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク