ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恋する闇ナベ

女友達から「今日はうわっ うわああ うわらば。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部ティラミスでできてるんじゃ?と思ってしまうような女友達の家に行って、女友達の作ったあまり関係のなさそうな闇ナベを食べることに・・・。
女友達の家は大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国にあり、あたしの家からベロタクシーで制限速度ギリギリに乗ってだいたい46分の場所にあり、あからさまなあぼーんする時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が990人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、汎用性の高いArrayと間違えそうなミルクレープや、浅はかなシュークリームや、岩のドーム風な月餅なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにカボスの残忍な匂いのようなナッツチョコレートがたまらなくソソる。
さっそく、カボスの残忍な匂いのようなナッツチョコレートをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて甘酸っぱいところがたまらない。
闇ナベは、あたしをとっさに思い浮かばないびっくりにしたような気分にしてくれる。
どの面子もぞっとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当に君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか絶賛して目も止まらないスピードのどちらかと言えば『アウト』なオタ芸とかしながら蜂蜜酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が990人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、痩せようと思えば痩せられる。」と少しオリンピックでは行われていない感じに大脱糞したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で46530キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

月にかわってオシオキよ!

闇ナベ | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク