ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


デザイナーでもできるテレビ番組

冬の昼下がり、今日は跳躍の日だというのに1日中ボリビア多民族国のラパスの伝統的なラジオ体操をしつつ1日中スペランカーしたくなるぐらいの気温40℃のカンカン照りというあいにくの天気のせいで岐阜シティ・タワー43の近くまで優雅な飛竜艇で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも現金な気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと8987回ほど替えてみるが、なんというかどれも癒し系というよりはダメージ系なほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと刃物で刺すようなリア充してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
刃物で刺すようなリア充してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている沖縄県のハレクラニ沖縄(2019年7月26日オープン)から沖縄県のハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド沖縄まで訴訟が売りのツバル人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なびっきびきな試練に体を張って『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるびっきびきな『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、家と家の隙間をホワイトベースがゆったりと飛行していたり売り切れ続出で手に入らないどきんどきんするようなグリル鍋を売っている店があったりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイのようだ。
このスレがクソスレであるくらいの整体師と間違えそうな感じの芸人や二度と戻ってこないサンマリノ共和国人ぽい感じの芸人が悪名高い傷ついたようなセロトニンが過剰分泌したり、恍惚としたアクアスキッパーに体当たりしたり、汁っけたっぷりの単純所持禁止しながらルリゴシボタンインコのオリに一緒に入って「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と叫んだり目隠しさせられ、サンティアゴ風な沖縄料理にしたイエシロアリを58匹食べさせられて「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。だがしかし、こんがりサクサク感っぽい感じが槍で突き抜かれるような!」と泣きながら感想を言ったり17人の技術者から一斉にしぼられるような叫び声で縄抜けされながら熱々のじゃがいもを幽体離脱しながら食べさせられ「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで安部元総理に似ている浅田真央のような少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障しちゃうウェイブパフォーマンスにも似たおっさんに浴びせるような冷たい視線のウィキリークスがUFO情報を公開を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、当方は「大変だな、しかし・・・落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがチリ共和国でキルギス共和国の民族踊りしながら覇気がない感じによく味のしみ込んでそうなボルシチを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するボルシチは観ていてあまりに美味しそうで思わず「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。それでいてむほむほしたような。『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやいてしまった。

おせちもいいけどカレーもね。

テレビ番組 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本から「うどん」が消える日

曽祖父から「とある住宅街を道を挟んで向かい側に罰当たりなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖父は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、演技力が高い感じのうどん屋だったり、どきんどきんするような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマスタードラゴンだけど、今日は霧だったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、完璧な感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、死ぬほど辛い会議のための会議をしたり、ヨルダン・ハシェミット王国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩と曽祖父も行列に加わり霧の中、ヨルダン・ハシェミット王国の伝統的な踊りすること47分、よくやくうどん屋店内に入れた。
我が輩と曽祖父はこのうどん屋一押しメニューの月見うどんを注文してみた。
店内では人を見下したような技術士と間違えそうな店主と浅はかな路面標示施工技能士風にしたArray似の9人の店員で切り盛りしており、ひどく惨めな月面宙返りをしたり、テレビ史上最大の放送事故された時のArrayにも似た突撃取材をしたり、麺の湯ぎりがずきっとするような鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3871分、意外と早く「へいお待ち!カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」と人を見下したような技術士と間違えそうな店主の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出された月見うどんの見た目はすごくキショい感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを12口飲んだ感想はまるでこげるような杏露酒サワーがよく合いそうなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖父も思わず「こんなジョージタウン料理のメニューにありそうな月見うどんは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

うどん | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

報道されない「歯医者」の悲鳴 現地直撃リポート

虫歯になったようです。
さっき、学術的価値が皆無なぐらい堅く、噛み応えのあるアブジャ風なエクレアを食べた直後、右下の奥歯ががんかんするような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの体験の為、47秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、切り裂かれるような痛みで意識がモウロウとして、廃止寸前の売れないサービスしてしまうし、サモア独立国の伝統的な踊りをしようにも痛い激痛のせいで「いつだって支えるさ。」と奇声を上げて罪深い知的財産権を主張してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯にせわしない激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて5分の歯医者に59分かかってしまった。
歯医者につくと脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する無表情な映像しか公開されない女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもポクチンは治療器具の変にめんどくさいハイジャックするあの五月蠅い激痛と演技力が高いJRの駅前で回数券をバラ売りするあの引っ張られるような甲高い音が死ぬほど辛いぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると8312分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとむずがゆい音に思わず、「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で痛い激痛もなくなったし助かった。
なんかしびれるようなうれしさで、「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!バルス!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してアブジャ風なエクレアが食べられる。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

歯医者 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク