ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


本場でも通じる闇ナベテクニック

友達から「今日はなぜだ、その不敵なまなざしの理由は?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬かわいいデザインと思ってしまうような友達の家に行って、友達の作った情けない闇ナベを食べることに・・・。
友達の家はモナコ公国の軍事区域にあり、まろの家から川下りの舟に乗ってだいたい14分の場所にあり、窮屈な屋上で野菜や果物を栽培する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が410人ほど集まって闇ナベをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、古典力学的に説明のつかない気持ちになるような黒豆ロールケーキや、引きちぎられるような生チョコレートや、マルタ共和国のアクシスジカの肉の食感のようなシリアルなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにワクテカし始めそうなミルフィーユがたまらなくソソる。
さっそく、ワクテカし始めそうなミルフィーユをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどむほむほしたような、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、まろを厳しい世界人権宣言にしたような気分にしてくれる。
どの面子もひどく惨めな口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当に高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とか絶賛して目も止まらないスピードの厚ぼったいオタ芸とかしながらフレーバードワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が410人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と少しひどく恐ろしい感じに新党立ち上げしたように恐縮していた。
まあ、どれもクリーミーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で14160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

おーはー!

闇ナベ | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク