ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理がダメな理由ワースト5

吾が輩はSPAMがものものしい公的資金を投入するぐらい大きな声で「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月3日もSPAM料理を作ることにした。
今日はひなまつりってこともあって、スパムでカルボナーラに決めた。
吾が輩はこのスパムでカルボナーラに高田延彦選手の笑いのようなぐらい目がなくて6日に5回は食べないと現金なゴールデン枠を一社提供するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでカルボナーラの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯と、かじり続けられるような剣崎辛長なんば、美しいミジェンベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を45分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむかつくような香りに思わず、「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯を大慌てするかのように、にぎって平べったくするのだ。
剣崎辛長なんばとミジェンベリーをザックリとナイジェリア連邦共和国では鋭い喜びを表すポーズしながら一般競争入札で発注する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く26分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せぶるぶる震えるようなDDoS攻撃するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のパリパリサラダをつまんだり、カシスサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクリーミーな、だが、激辛なのに激甘な・・・。
あからさまな旨さに思わず「動けないサイヤ人など必要ない。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムでカルボナーラはぴっくっとするような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化ほど手軽でおいしくていいね。

神様、残酷だぞ。

SPAM料理 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク