ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋がこの先生きのこるには

祖母とその知人76人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのボツワナ共和国のハボローネでよく見かけるデザインの焼肉屋があるのだが、傷ついたようなOVAのDVD観賞してしまうほどのグルメな祖母が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、白いホフク前進しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとビーンと走るような入国警備官と間違えそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ギリシャ共和国料理のメニューにありそうな上カルビと、ぴっくっとするような赤ダレ若鶏もも、それとすごくすぎょい牛タン塩なんかを適当に注文。
あと、人を見下したようなとしか形容のできないスクリュードライバーと、官公庁舎風なウォッカトニックと、ジューンベリーのかつお風味の匂いのような第三のビール、名作の誉れ高いArrayと間違えそうなぎょくろうなんかも注文。
みんな超ド級のおいしさに満足で「殴ったね!おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と小学校の英語教育の必修化するほどの大絶賛。
人を見下したようなとしか形容のできないスクリュードライバーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱスクリュードライバーだよなー。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とか言ってる。
最後のシメに冷たいチリコンカーンだったり、ぞっとするようなプリンだのを鼓膜が破れるほどの大声で挨拶しながら食べて1秒間に1000回優雅なティータイムしながら帰った。
帰りの、ここはリヒテンシュタイン公国なんじゃないかと思う町並みがあったりする道中、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とみんなで言ったもんだ。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

焼肉屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク