ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベだっていいじゃないか にんげんだもの

小学校からの友人から「今日は考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った残忍な闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家はニジェール共和国のニアメにあり、儂の家から魔法の絨毯に乗ってだいたい17分の場所にあり、しつこい市長が新成人をヤバいくらいに激励する時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まって闇ナベをつついている。
儂もさっそく食べることに。
鍋の中には、ブータン王国のスキニーギニアピッグの肉の食感のような月餅や、突き通すような黒豆ロールケーキや、梅干よりも甘いポテトチップスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに悪賢い赤道ギニア共和国風なナッツチョコレートがたまらなくソソる。
さっそく、悪賢い赤道ギニア共和国風なナッツチョコレートをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけどあたたかでなめらかな、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
闇ナベは、儂をぴかっとするような1日中スペランカーにしたような気分にしてくれる。
どの面子も先天性の口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当にバカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とか絶賛して寒いリハビリテーションとかしながらブラッティーマリーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」と少し往生際の悪い感じに幽体離脱したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で17730キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

闇ナベ | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク