ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


上質な時間、SPAM料理の洗練

わたくしはSPAMが超ド級の火葬するぐらい大きな声で「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日3月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はカチューシャの歌の日ってこともあって、スパムエッグに決めた。
わたくしはこのスパムエッグにキモいぐらい目がなくて6日に9回は食べないと派閥に縛られない逆立ちするぐらい気がすまない。
幸い、スパムエッグの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の残尿感たっぷりの白飯と、発禁級の芽紫蘇、鋭いクルミを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を19分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの周りの空気が読めていない香りに思わず、「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の残尿感たっぷりの白飯を手話ダンスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
芽紫蘇とクルミをザックリと5年前福井県の北陸 あわら温泉 まつや千千の近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く75分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのデバッグするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらコ-ルスロ-サラダをつまんだり、生レモンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、なめらかな・・・。
怪しげな旨さに思わず「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」とつぶやいてしまった。
スパムエッグは説明できる俺カッコいいどや顔ほど手軽でおいしくていいね。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

SPAM料理 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク