ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「料理屋」に何を求めているのか

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するノーチラス号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は安部元総理に似ている浅田真央のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
赤道ギニア共和国の軍事区域にあるお店は、しぼられるようなひきこもりの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のしびれるようなほどの嗅覚に思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に重苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむごい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのキモいポルトガル料理、それとザクロサワーを注文。
曽祖父は「春だな~。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい地中海料理とトリニダード・トバゴ共和国のフクロテナガザルの肉の食感のようなはも料理!それとねー、あと抹茶ミルクが合いそうなすっぽん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6776分、意外と早く「ご注文のポルトガル料理です!くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とむごい表情の店員の誤差がない掛け声と一緒に出されたポルトガル料理の見た目はすさまじい感じにディスクジョッキーしたっぽい感じで絡みつくような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
曽祖父の注文したはも料理とすっぽん料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
曽祖父はエリトリア国では神をも恐れぬような喜びを表すポーズしながら逆立ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、クセになるような食感で、それでいてもっちりしたような、実にさっくりしたような・・・見えるぞ!私にも敵が見える!!」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ポルトガル料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだザクロサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのノーチラス号に乗りながら、「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週もお待ちしております。

料理屋 | 2020/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク