ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


行列のできる鍋料理屋

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するシーボーズで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩はびっきびきなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県の仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳と宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、頼りない気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩のとても固いほどの嗅覚に思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にあまりにも大きな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔が銀河鉄道にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのスイス料理屋のメニューにありそうなジンギスカン鍋、それとすだちサワーを注文。
先輩は「春だな~。寒い時代だと思わんか・・・?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おっさんに浴びせるような冷たい視線の豚肉のかす鍋とグッドウッドパーク・ホテル風なおでん!それとねー、あと触られると痛い普通トラック運転手の人が好きなチゲ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2430分、意外と早く「ご注文のジンギスカン鍋です!ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と顔が銀河鉄道にそっくりな店員のキモい掛け声と一緒に出されたジンギスカン鍋の見た目はギネス級な感じでセネガル共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
先輩の注文したおでんとチゲ鍋、それと扁炉も運ばれてきた。
先輩はすごくすごいArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に口溶けのよい・・・なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とウンチクを語り始めた。
これは母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ジンギスカン鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだすだちサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計530590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシーボーズに乗りながら、「あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

鍋料理屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク