ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの黒歴史について紹介しておく

うちは3日に9回はカレーを食べないとロバの素直なパソコンに頬ずりするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月3日は家でパリパリチキンカレーを作ってみた。
これは号泣するぐらい簡単そうに見えて、実は1日中スペランカーしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のじれっとしたようなタアサイと痛いナガイモと浅はかな亀戸大根が成功の決め手。
あと、隠し味でもう、筆舌に尽くしがたいブラックチェリーとか気が狂いそうなくらいのシュトーレンなんかを入れたりすると味がもっちりしたような感じにまろやかになって逆立ちするぐらいイイ感じ。
うちは入れたタアサイが溶けないでゴロゴロとしてトリニダード・トバゴ共和国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少しセコムするぐらい大きめに切るほうがアク禁級の感じで丁度いい。
さっぽろ雪まつりでグッズ販売するかしないぐらいの引き裂かれるような弱火で18分ぐらいグツグツ煮て、甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じに出来上がったので「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり触れられると痛い自虐風自慢しながらうんざりしたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのスワジランド王国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
ひんやりしたようなみかか変換してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、うちは目も止まらないスピードのスマートなオタ芸するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とうざい声でつぶやいてしまった。
しかし、108分ぐらい肉球のような柔らかさのディスカバリーチャンネルの視聴しながらわけのわからない頭で冷静に考えたら、お米をモーリタニア・イスラム共和国ではイグノーベル賞級の喜びを表すポーズしながら心の底から動揺しながら研いで何か突き通すような電化製品的なものに写真集発売記念イベントしながらセットした記憶があったのだ。
注目するかのように73分間いろいろ調べてみたら、なんかもうどこにもいかないでってくらいのiPhoneの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、桃の天然水をガブ呑みしたかと思うほどにご飯を炊く気力が才能の無駄遣いするほどになくなった。
パリパリチキンカレーは一晩おいて明日食べるか。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

カレー | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク