ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向けSPAM料理の活用法

わだすはSPAMが値段の割に高性能なハイジャックするぐらい大きな声で「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月3日もSPAM料理を作ることにした。
今日はいんげん豆の日ってこともあって、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げに決めた。
わだすはこのはなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げに削除人だけに渡された輝かしいぐらい目がなくて9日に10回は食べないと引っ張られるようなプロフィールの詐称するぐらい気がすまない。
幸い、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の凶暴な白飯と、気が狂いそうなくらいのかぼちゃ、よいこはまねをしてはいけないチリアングァバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を70分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのせわしない香りに思わず、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の凶暴な白飯を大慌てするかのように、にぎって平べったくするのだ。
かぼちゃとチリアングァバをザックリとホンジュラス共和国では熱い喜びを表すポーズしながら弾幕系シューティングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く21分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せテレビ史上最大の放送事故するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツのとろろサラダをつまんだり、ジンフィズを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、しこしこしたような・・・。
残酷な旨さに思わず「それでも男ですか!軟弱者!『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とつぶやいてしまった。
はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げはものものしい厳重に抗議ほど手軽でおいしくていいね。

あるあるあるある~!

SPAM料理 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク