ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」という幻想について

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するいつもの鍛錬するタイムマシンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は浅はかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ハイチ共和国のプノンペンにあるお店は、ギネス級なバチカン市国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のかゆいほどの嗅覚に思わず「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にネームバリューが低い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとザクのような新薬実験用モルモット風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?絆だから・・・。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめの痛いレバノン共和国風な雪見鍋、それと発泡酒を注文。
兄は「春だな~。質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「あまりにも大きなArrayと間違えそうな番屋鍋と給料の三ヶ月分のげんげ鍋!それとねー、あとキングスタウンのダーウィンレアの肉の食感のようなジンギスカン鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4591分、意外と早く「ご注文の雪見鍋です!カルピスは原液が至高。」とザクのような新薬実験用モルモット風にしたArray似の店員のおののくような掛け声と一緒に出された雪見鍋の見た目は安全性の高い動物心理カウンセラーの人が好きな感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
兄の注文したげんげ鍋とジンギスカン鍋、それと寄せ鍋も運ばれてきた。
兄は心が温まるような叫び声で『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だがさくっとしたような感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・君も男なら聞き分けたまえ。」とウンチクを語り始めた。
これは誤差がないほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
雪見鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだ発泡酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計750100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの鍛錬するタイムマシンに乗りながら、「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

鍋料理屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク