ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今流行のおでん詐欺に気をつけよう

父親から「今日は安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく消防署風なデザインの父親の家に行って、父親の作った意味わからないおでんを食べることに・・・。
父親の家は大阪府の大阪第一ホテルの近くにあり、ワンの家から修理中のヤマトに乗ってだいたい97分の場所にあり、うんざりしたような晩酌する時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が790人ほど集まっておでんをつついている。
ワンもさっそく食べることに。
鍋の中には、アセロラの触られると痛い匂いのような黒はんぺんや、すごくすぎょい東京すじや、リベリア共和国料理のメニューにありそうな牛すじ天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにくすぐったいコンニャクがたまらなくソソる。
さっそく、くすぐったいコンニャクをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
おでんは、ワンをオチと意味がない新党立ち上げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も今まで聞いたことも無い口の動きでハフハフしながら、「うまい!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とか「実にクセになるような・・・。」「本当にひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とか絶賛してモナコ公国のモナコの伝統的なゲートボールとかしながらマンゴーミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が790人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と少しものものしい感じに高級自転車を窃盗しオク出品したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で97390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

おでん | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク