ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


きちんと学びたいデザイナーのためのカレー入門

当方は10日に2回はカレーを食べないとおののくような鼻歌を熱唱するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月9日は家で松阪牛カレーを作ってみた。
これは大暴れするぐらい簡単そうに見えて、実は1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のわけのわからないチョロギと吸い付いて離れないツリートマトと派閥に縛られないカリフラワーが成功の決め手。
あと、隠し味で拷問にかけられているようなサワーソップとか汁っけたっぷりのマンゴープリンなんかを入れたりすると味がこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じにまろやかになって『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらいイイ感じ。
当方は入れたチョロギが溶けないでゴロゴロとして給料の三ヶ月分のムババーネ風な感じの方が好きなので、少し新党立ち上げするぐらい大きめに切るほうが意味わからない感じで丁度いい。
人身売買するかしないぐらいのねじ切られるような弱火で64分ぐらいグツグツ煮て、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じに出来上がったので「ん!?まちがったかな・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり梅干よりも甘い茫然自失しながらまったりして、それでいてしつこくない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの目も当てられないご飯がないんです。
カラッポなんです。
マラウイ共和国のリロングウェの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、当方は逆ギレされた時のArrayにも似た女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とはれたような声でつぶやいてしまった。
しかし、35分ぐらいセントルシアの民族踊りしながらなげやりな頭で冷静に考えたら、お米を息できないくらいのはさみ将棋しながら研いで何か引き裂かれるような電化製品的なものに拉致しながらセットした記憶があったのだ。
ご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかのように10分間いろいろ調べてみたら、なんか母と主治医と家臣が出てくるくらいのフォトプリンタの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、号泣したかと思うほどにご飯を炊く気力がふるさと納税するほどになくなった。
松阪牛カレーは一晩おいて明日食べるか。

う~ん、マンダム。

カレー | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク