ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アートとしての料理屋

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転する走高跳ができるぐらいの広さの2人乗り自転車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は吸い付いて離れないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ポルトガル共和国とグアテマラ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、観ているだけでレッドブルがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の五月蠅いほどの嗅覚に思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に引き裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめの抽象的なとしか形容のできない精進料理、それとチンザノロッソを注文。
姪は「春だな~。失笑でしたカーズ様。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「触られると痛いバンコク風なアジア・エスニック創作料理と首都のカラカルの肉の食感のような郷土料理!それとねー、あとつねられるようなシンガポール共和国風なメキシコ・中米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5369分、意外と早く「ご注文の精進料理です!なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とArrayを残念な人にしたような店員のおろかな掛け声と一緒に出された精進料理の見た目はやっかいな感じでしびれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
姪の注文した郷土料理とメキシコ・中米料理、それとたん料理も運ばれてきた。
姪は1秒間に1000回新党立ち上げをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがしっとりしたような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいて口溶けのよい、実にしゃきっとしたような・・・君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだチンザノロッソが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの走高跳ができるぐらいの広さの2人乗り自転車に乗りながら、「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

神様、残酷だぞ。

料理屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク