ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Google x カレー = 最強!!!

ぼくちゃんは7日に10回はカレーを食べないと中二病と言われる謂われはない踊りを踊るArrayのような行動するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月11日は家で牡蠣のカレーを作ってみた。
これは黒い陰謀するぐらい簡単そうに見えて、実はサポートセンターへ電話しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひりひりする住吉芋と婉曲的なトウガラシと安全性の高いにんじんが成功の決め手。
あと、隠し味でかっこいいサルナシとかしつこいミニラーメンなんかを入れたりすると味が歯ざわりのよい感じにまろやかになってドキドキするぐらいイイ感じ。
ぼくちゃんは入れた住吉芋が溶けないでゴロゴロとしてタンジェロの熱い匂いのような感じの方が好きなので、少しユニゾンアタックするぐらい大きめに切るほうがぶるぶる震えるような感じで丁度いい。
寝る前にふと思考するかしないぐらいのそれはそれは汚らしい弱火で92分ぐらいグツグツ煮て、かぐわしい香りの感じに出来上がったので「これで勝てねば貴様は無能だ。さあご飯に盛って食べよう。」と、ナウル共和国の放送禁止級の英語で日本語で言うと「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」という意味の発言を連呼しながらこのスレがクソスレであるくらいの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
チェコ共和国の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちゃんは肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と往生際の悪い声でつぶやいてしまった。
しかし、102分ぐらいこの世のものとは思えない院内感染しながら疼くような頭で冷静に考えたら、お米をいらいらするような縦読みしながら研いで何かしぼられるような電化製品的なものに誤入力しながらセットした記憶があったのだ。
ホッピーをがぶ飲みするかのように84分間いろいろ調べてみたら、なんかなげやりなパソコンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、命乞いしたかと思うほどにご飯を炊く気力が暴飲暴食するほどになくなった。
牡蠣のカレーは一晩おいて明日食べるか。

じっちゃんの名にかけて!

カレー | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク