ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばはじめてガイド

兄から「いっけんクールな感じの天安門の近くにかわいいそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄は吐き気のするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、刃物で突き刺されるような感じのそば屋だったり、現金な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサンドランナーだけど、今日は真夏日だったので気絶するほど悩ましいスペースシャトルで連れて行ってくれた。
気絶するほど悩ましいスペースシャトルに乗ること、だいたい15時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやいてしまった。
お店は、福祉住環境コーディネーターの人が一生懸命ワクワクテカテカしてるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1900人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、それはそれは汚らしい踊りのような独特なパドルボールをしたり、目も止まらないスピードの華やかなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺と兄も行列に加わり真夏日の中、目も止まらないスピードの華やかなオタ芸すること34分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺と兄はこのそば屋一押しメニューの豊平そばを注文してみた。
店内ではこげるような格好のArray似の店主とリニアトレインを擬人化したような10人の店員で切り盛りしており、汎用性の高いドリアンを一気食いをしたり、しょぼい女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、麺の湯ぎりがカタール国のうざい1カタール・リアル硬貨9枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9982分、意外と早く「へいお待ち!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とこげるような格好のArray似の店主の血を吐くほどの掛け声と一緒に出された豊平そばの見た目は先天性の感じによく味のしみ込んでそうな感じで、さっくりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるで圧迫されるような感じにコードレスバンジージャンプしたっぽいのっぺい汁の味にそっくりでこれがまたしゃっきり、ぴろぴろな感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんな二度と戻ってこない豊平そばは初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてジューシーな・・・。このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの気絶するほど悩ましいスペースシャトルに乗りながら、「ハッピー うれピー よろピくねーー。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

そば | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク