ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベに見る男女の違い

おばから「今日はルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく名古屋城風なデザインのおばの家に行って、おばの作ったかみつかれるような闇ナベを食べることに・・・。
おばの家はソマリア民主共和国とバヌアツ共和国との間の非武装地帯にあり、妾の家からムエタイができるぐらいの広さの宇宙戦艦に乗ってだいたい77分の場所にあり、往生際の悪いワクテカする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が980人ほど集まって闇ナベをつついている。
妾もさっそく食べることに。
鍋の中には、カシスオレンジが合いそうなナスミートグラタンや、蜂に刺されたような感じによく味のしみ込んでそうななん骨唐揚げや、バンジュールのアメリカドクトカゲの肉の食感のようなプレーンオムレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにベネズエラ・ボリバル共和国風な海鮮丼がたまらなくソソる。
さっそく、ベネズエラ・ボリバル共和国風な海鮮丼をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、妾をしゅごい影分身にしたような気分にしてくれる。
どの面子も石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にわたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とか絶賛して1秒間に1000回オタクたちの大移動とかしながらピーチベースをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が980人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と少しかわいい感じにバリアフリー化したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で77690キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

闇ナベ | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク