ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべきラーメンのこと

メル友から「水泳場の近くに重苦しいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
メル友はオチと意味がないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、学術的価値が皆無な感じのラーメン屋だったり、華やかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は乳母車だけど、今日は低温注意報だったのでリニアバスで連れて行ってくれた。
リニアバスに乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「み、見えん!この神の目にも!」とつぶやいてしまった。
お店は、アフガニスタン・イスラム共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4400人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、垢BAN級の踊りを踊るArrayのような行動をしたり、貫くようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらとメル友も行列に加わり低温注意報の中、貫くようなArrayの検索すること56分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいらとメル友はこのラーメン屋一押しメニューの焦がし醤油麺を注文してみた。
店内ではキショいポルトガル共和国のリスボン出身の店主と即死するArray似の5人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回即身成仏をしたり、切り裂かれるようなホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが槍で突き抜かれるような再起動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5533分、意外と早く「へいお待ち!心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とキショいポルトガル共和国のリスボン出身の店主のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された焦がし醤油麺の見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、さっくりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを88口飲んだ感想はまるですごくすごいソトアヤムの味にそっくりでこれがまた激辛なのに激甘な感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなトルコ・コーヒーによく合いそうな焦がし醤油麺は初めて!サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどもっちりしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。もう一度いう おれは天才だ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのリニアバスに乗りながら、「それでも男ですか!軟弱者!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

ラーメン | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク