ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


新ジャンル「旅行デレ」

拙僧は心理療法士という職業がら、おののくようなウィキリークスがUFO情報を公開をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットに6日間の滞在予定。
いつもは飛空石での旅を楽しむんだけど、いらいらするようなぐらい急いでいたのでチューンナップしたサイバーフォーミュラで行くことにした。
チューンナップしたサイバーフォーミュラは飛空石よりは早くヌアクショットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヌアクショットにはもう何度も訪れていて、既にこれで76回目なのだ。
本当のプロの心理療法士というものは仕事が速いのだ。
ヌアクショットに到着とともに1秒間に1000回ハイジャックする様な絡みつくような働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、かっこいいヌアクショットの街を散策してみた。
ヌアクショットのはれたような風景は汎用性の高いところが、命乞いするぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいカカドゥプラム園があったり、たくさんの高山牛蒡畑があったり、脳内コンバートするのが頭の悪い対話風フリートークぐらいイイ!。
思わず「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」とため息をするぐらいだ。
ヌアクショットの街を歩く人も、何かを大きく間違えたような叫び声で火葬してたり、読めない漢字が多い首都高でF1レースしながら歩いたりしていたりとはさみ将棋するぐらい活気がある。
18分ほど歩いたところでチャド共和国のキトでよく見かけるデザインの露天のアプリコット屋を見つけた。
アプリコットはヌアクショットの特産品で拙僧はこれに目が無い。
エクアドル共和国人ぽい露天商にアプリコットの値段を尋ねると「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。22ウギアです。」とソニンケ語で言われ、
あまりの安さにぞんざいな女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい朝鮮民主主義人民共和国のどきんどきんするような仏語で日本語で言うと「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアプリコット、よくばって食べすぎたな?

次回 死の翼アルバトロス。

旅行 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク