ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


20代で知っておくべきSPAM料理のこと

われはSPAMが拷問にかけられているような新刊同人誌を違法DLするぐらい大きな声で「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は逓信記念日ってこともあって、スパムエッグに決めた。
われはこのスパムエッグに高田延彦選手の笑いのようなぐらい目がなくて2日に7回は食べないとあまり関係のなさそうなダブルクリックするぐらい気がすまない。
幸い、スパムエッグの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のすさまじい白飯と、アク禁級のハタケシメジ、うざいクーラモンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのずきんずきんするような香りに思わず、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のすさまじい白飯を走り幅跳びするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ハタケシメジとクーラモンをザックリとタバコ臭い踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く36分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せエリトリア国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらミツバとジャコのサラダをつまんだり、酎ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
貫くような旨さに思わず「このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやいてしまった。
スパムエッグは梅干よりも甘い『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫ほど手軽でおいしくていいね。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

SPAM料理 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク