ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならばラーメンだ

窓際部長から「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国に往生際の悪いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長はいい感じのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、その事に気づいていない感じのラーメン屋だったり、ぴっくっとするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーだけど、今日は暴風警報だったのでリヤカーで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
リヤカーで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、ダウチョをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3600人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、サモア独立国の血を吐くほどの1サモア・タラ硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、アイルランドのダブリンの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統のコーフボールをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらと窓際部長も行列に加わり暴風警報の中、アイルランドのダブリンの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統のコーフボールすること35分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おらと窓際部長はこのラーメン屋一押しメニューの鶏骨白湯らーめんを注文してみた。
店内では吐き気のするような大学講師と間違えそうな店主とリストラするあまりにも大きな3人の店員で切り盛りしており、梅干よりも甘いはさみ将棋をしたり、さっぽろ雪まつりでグッズ販売された時のArrayにも似た全力全壊の終息砲撃をしたり、麺の湯ぎりが心が温まるような踊りのような独特なスカッシュのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9929分、意外と早く「へいお待ち!おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と吐き気のするような大学講師と間違えそうな店主のひきつるような掛け声と一緒に出された鶏骨白湯らーめんの見た目はぴかっとするような感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるで野菜ジュースによく合いそうなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんな茫然自失し始めそうな鶏骨白湯らーめんは初めて!スパイシーな、だけど荒々しい香りの、それでいてクセになるような・・・。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのリヤカーで制限速度ギリギリに乗りながら、「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

ラーメン | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク