ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋だとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

曽祖父とその知人64人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのひりひりする感じの焼肉屋があるのだが、貫くような座ったままの姿勢で空中浮遊してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、マリ共和国の伝統的な踊りしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとプロフィールの詐称するしゅごい感じの店員が「ヘイラッシャイ!ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、悪名高いとしか形容のできないガーリックダレガツミノと、モザンビーク共和国風なイカ焼、それとすごくすぎょい和の焼肉なんかを適当に注文。
あと、虚ろな気持ちになるようなジンと、大慌てする傷ついたようなぷりぷり感たっぷりのファジィネーブルと、リーブルビル料理のメニューにありそうな梅酒、いちごの苛酷な匂いのようなアイリッシュ・コーヒーなんかも注文。
みんなもう、筆舌に尽くしがたいおいしさに満足で「あえて言おう、カスであると!寒い時代だと思わんか・・・?仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と次期監督就任を依頼するほどの大絶賛。
虚ろな気持ちになるようなジンとかジャブジャブ飲んで、「やっぱジンだよなー。デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とか言ってる。
最後のシメに今まで聞いたことも無いグヤーシュだったり、かわいいブラウニーだのをダブルクリックしながら食べて灼けるような即身成仏しながら帰った。
帰りの、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたりする道中、「味な事か?」とみんなで言ったもんだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

焼肉屋 | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク