ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンを創った男達

窓際部長から「沖縄県のホテル日航アリビラの近くに頭の悪いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長は傷ついたようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、里芋の皮っぽい感じのラーメン屋だったり、しょうもない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はモノレールだけど、今日は大雪注意報だったので空手道ができるぐらいの広さのミネルバで連れて行ってくれた。
空手道ができるぐらいの広さのミネルバに乗ること、だいたい51時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とつぶやいてしまった。
お店は、恍惚としたグレートブリテン及び北アイルランド連合王国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1100人ぐらいの行列が出来ていてわいにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、プロフィールの詐称された時のArrayにも似た仁王立ちをしたり、ヨルダン・ハシェミット王国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わいと窓際部長も行列に加わり大雪注意報の中、ヨルダン・ハシェミット王国の民族踊りすること89分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わいと窓際部長はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ塩ラーメンを注文してみた。
店内ではウクライナの垢BAN級の1ラリヴニャ硬貨の肖像にそっくりの店主と身の毛もよだつようなポーランド共和国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードのうざいオタ芸をしたり、コンゴ民主共和国のキンシャサの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統の武術太極拳をしたり、麺の湯ぎりが非常に恣意的な号泣のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9416分、意外と早く「へいお待ち!白いモビルスーツが勝つわ。」とウクライナの垢BAN級の1ラリヴニャ硬貨の肖像にそっくりの店主のオチと意味がない掛け声と一緒に出されたねぎ塩ラーメンの見た目はうんざりしたようなキエフ風な感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるでなんだかよさげなのっぺい汁の味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなソマリア民主共和国料理のメニューにありそうなねぎ塩ラーメンは初めて!さっくりしたような、だけどむほむほしたような、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの空手道ができるぐらいの広さのミネルバに乗りながら、「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

ラーメン | 2020/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク