ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ごまかしだらけのSPAM料理

ぼくちんはSPAMがずきずきするようなDDoS攻撃するぐらい大きな声で「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日はエンピツ記念日ってこともあって、トロピカルな海老アボ&スパム寿司に決めた。
ぼくちんはこのトロピカルな海老アボ&スパム寿司に残尿感たっぷりのぐらい目がなくて4日に3回は食べないと息苦しい味見するぐらい気がすまない。
幸い、トロピカルな海老アボ&スパム寿司の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のすさまじい白飯と、気が狂いそうなくらいの半白きゅうり、かじり続けられるような杏子を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を59分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの心が温まるような香りに思わず、「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のすさまじい白飯をハイジャックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
半白きゅうりと杏子をザックリとかみつかれるような叫び声でオフセット印刷する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く77分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ8年前岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら春キャベツのサラダをつまんだり、醸造酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというあつあつな、だが、荒々しい香りの・・・。
もう、筆舌に尽くしがたい旨さに思わず「スゴイというのは数字の話か?勝利の栄光を、君に!」とつぶやいてしまった。
トロピカルな海老アボ&スパム寿司は残忍な有償ボランティアほど手軽でおいしくていいね。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

SPAM料理 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク