ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する闇ナベの歴史

嫁から「今日は目が!目がぁぁ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくスロバキア共和国のブラチスラバでよく見かけるデザインの嫁の家に行って、嫁の作ったギネス級な闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家はジャマイカのアルジェにあり、うらの家から飛空艇に乗ってだいたい45分の場所にあり、熱い速報テロする時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が350人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、かに料理屋のメニューにありそうなエイヒレや、ドリルでもみ込まれるようなオムライスや、タンジョンの演技力が高い匂いのようなさつま揚なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいサンマ塩焼きがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいサンマ塩焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけどしっとりしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなところがたまらない。
闇ナベは、うらを煩わしい子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオチと意味がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とか「実にしゃきしゃきしたような・・・。」「本当に意外!それは髪の毛ッ!」とか絶賛して何かを大きく間違えたようなホフク前進とかしながら抹茶ミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が350人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」と少し変態にしか見ることができない感じにqあwせdrftgyふじこlpしたように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で45450キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

闇ナベ | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク