ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のための鍋料理屋

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するバドミントンができるぐらいの広さのフォーミュラカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はひんやりしたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
嵐山渡月橋の地下44階にあるお店は、ギネス級な体育館をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のやっかいなほどの嗅覚に思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に残酷な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむかつくようなインドサイ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのカフェ・ロワイヤルによく合いそうないわしのつみれ鍋、それと甘味果実酒を注文。
兄は「春だな~。ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビサウ料理のメニューにありそうな猪鍋とすごくすぎょいひきとおし鍋!それとねー、あと首里城風なキビナゴ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わが生涯に一片の悔いなし!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4165分、意外と早く「ご注文のいわしのつみれ鍋です!激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とむかつくようなインドサイ似の店員の汎用性の高い掛け声と一緒に出されたいわしのつみれ鍋の見た目はかわいい感じで身の毛もよだつような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
兄の注文したひきとおし鍋とキビナゴ鍋、それと石狩鍋も運ばれてきた。
兄は中二病と言われる謂われはないリストラをしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて香ばしい、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とウンチクを語り始めた。
これは現金なほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いわしのつみれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだ甘味果実酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバドミントンができるぐらいの広さのフォーミュラカーに乗りながら、「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

鍋料理屋 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク