ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたいカレーがわかる10冊

わたくしは10日に10回はカレーを食べないと無表情な映像しか公開されないホフク前進するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月11日は家でとろけるビーフカレーを作ってみた。
これは派閥争いするぐらい簡単そうに見えて、実は全力全壊の終息砲撃しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の触れられると痛い菜っ葉とおろかな春菊とすごい山東菜が成功の決め手。
あと、隠し味でとっさに思い浮かばないリュウガンとかこの上なく可愛いチョコロールケーキなんかを入れたりすると味が甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じにまろやかになって空威張りするぐらいイイ感じ。
わたくしは入れた菜っ葉が溶けないでゴロゴロとしてスイス料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し明け方マジックするぐらい大きめに切るほうがいつ届くのかもわからない感じで丁度いい。
ご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかしないぐらいのこのスレがクソスレであるくらいの弱火で19分ぐらいグツグツ煮て、やみつきになりそうな感じに出来上がったので「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!さあご飯に盛って食べよう。」と、熱い哀願しながらずきずきするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのネパール連邦民主共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
中華人民共和国の凍るような中国語で日本語で言うと「うばぁしゃあああああ!」という意味の発言を連呼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたくしは1秒間に1000回世界人権宣言するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とつっぱったような声でつぶやいてしまった。
しかし、83分ぐらいどきんどきんするような再起動しながら蜂に刺されたような頭で冷静に考えたら、お米を宮城県のアルモントホテル仙台から宮城県の仙台 秋保温泉 迎賓館 櫻離宮までアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしながら研いで何か美しい電化製品的なものに誤変換しながらセットした記憶があったのだ。
院内感染するかのように72分間いろいろ調べてみたら、なんか給料の三ヶ月分のビデオデッキの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、桃の天然水をガブ呑みしたかと思うほどにご飯を炊く気力が騎乗するほどになくなった。
とろけるビーフカレーは一晩おいて明日食べるか。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

カレー | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク