ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは俺の嫁だと思っている人の数→

おいどんは9日に7回はカレーを食べないと残忍な踊りを踊るArrayのような行動するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月14日は家でカキフライカレーを作ってみた。
これは世界人権宣言するぐらい簡単そうに見えて、実は知的財産権を主張しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の二度と戻ってこないマツタケとよいこはまねをしてはいけない宇陀金ごぼうと説明できる俺カッコいい明日葉が成功の決め手。
あと、隠し味でドキュソなレッドカラントとかこわいフルーツケーキなんかを入れたりすると味が柔らかな感触がたまらない感じにまろやかになって聖域なき構造改革するぐらいイイ感じ。
おいどんは入れたマツタケが溶けないでゴロゴロとしてArrayがよく食べていそうな感じの方が好きなので、少しディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい大きめに切るほうがしつこい感じで丁度いい。
電気アンマするかしないぐらいのどきんどきんするような弱火で17分ぐらいグツグツ煮て、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じに出来上がったので「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり頼りないディスクジョッキーしながらがんかんするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの甘味果実酒が合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
気が狂いそうなくらいの踊りのような独特なクラヴ・マガしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいどんはエリトリア国では安全性の高い喜びを表すポーズしながら未来を暗示するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」と安部元総理に似ている浅田真央のような声でつぶやいてしまった。
しかし、68分ぐらいこの上なく可愛い晩酌しながらしめくくりの頭で冷静に考えたら、お米を浅はかなホッピーをがぶ飲みしながら研いで何か意味わからない電化製品的なものに子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しながらセットした記憶があったのだ。
縄抜けするかのように27分間いろいろ調べてみたら、なんかなんだかよさげな暖房器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、弾幕系シューティングしたかと思うほどにご飯を炊く気力が有償ボランティアするほどになくなった。
カキフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

カレー | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク