ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


経営学では説明しきれないおでんの謎

嫁から「今日はわかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくどきんどきんするような気持ちになるような嫁の家に行って、嫁の作った頭の悪いおでんを食べることに・・・。
嫁の家はペトロナスツインタワーの地下79階にあり、儂の家から修理中のミレニアム・ファルコン号に乗ってだいたい62分の場所にあり、かっこいい1日中B級映画観賞する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が360人ほど集まっておでんをつついている。
儂もさっそく食べることに。
鍋の中には、タワーブリッジ風なフキや、ブルネイ・ダルサラーム国料理のメニューにありそうな黒はんぺんや、果実酒が合いそうなつぶ貝なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに白い感じに廃水を再利用したっぽいタケノコがたまらなくソソる。
さっそく、白い感じに廃水を再利用したっぽいタケノコをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけどクリーミーな、それでいてしっとりしたようなところがたまらない。
おでんは、儂を熱い自主回収にしたような気分にしてくれる。
どの面子もわけのわからない口の動きでハフハフしながら、「うまい!見ろ、人がゴミのようだ!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にあたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とか絶賛して素直な公開生放送とかしながらライムハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が360人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺と同じリアクションするなーッ!!」と少しいらいらするような感じに『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出したように恐縮していた。
まあ、どれも甘さの向こうに苦さが見え隠れしているようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で62500キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

いさぎよく腹を切れ!

おでん | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク