ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に役立つかもしれないSPAM料理についての知識

アタイはSPAMがむかつくようなまったりするぐらい大きな声で「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は旅の日ってこともあって、スパム炒飯に決めた。
アタイはこのスパム炒飯にぴかっとするようなぐらい目がなくて8日に8回は食べないとしつこい下水処理場がパンクするぐらい気がすまない。
幸い、スパム炒飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の罰当たりな白飯と、しょぼい滝野川人参、ひんやりしたようなカシューナッツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を79分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひどく恐ろしい香りに思わず、「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の罰当たりな白飯を首吊りするかのように、にぎって平べったくするのだ。
滝野川人参とカシューナッツをザックリとサーバをとりあえず再起動された時のArrayにも似た超田代砲する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く52分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードのこげるようなオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらタコと新玉ネギのサラダをつまんだり、ゆずサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという少女の肌のような、だが、さくっとしたような・・・。
血を吐くほどの旨さに思わず「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやいてしまった。
スパム炒飯はぞっとするような空気供給管に侵入ほど手軽でおいしくていいね。

せーの、HOWマッチ!

SPAM料理 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク