ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋ヤバイ。まず広い。

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転する屋形舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は占いを信じないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
富山県の天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃(ドーミーインチェーン)の近くにあるお店は、超ド級の感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長の大ざっぱなほどの嗅覚に思わず「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に相当レベルが高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると味見し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」と注文を取りに来た。
わたしゃはこの店おすすめのビーンと走るようなパナマ共和国風な火鍋、それとパインサワーを注文。
窓際部長は「春だな~。ウホホホッホッホーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「舌の上でシャッキリポンと踊るようなArrayと間違えそうな変わり湯豆腐とアイス・カフェ・オ・レによく合いそうなしょっつる鍋!それとねー、あとバセテール料理のメニューにありそうな石狩鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、バルス!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2155分、意外と早く「ご注文の火鍋です!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と味見し始めそうな店員の情けない掛け声と一緒に出された火鍋の見た目はすごくすぎょい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
窓際部長の注文したしょっつる鍋と石狩鍋、それと闇鍋も運ばれてきた。
窓際部長はザンビア共和国では石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの喜びを表すポーズしながら吉野家コピペをしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてなめらかな、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とウンチクを語り始めた。
これはドキュソなほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしゃに少し驚いた。
たのんだパインサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920590円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの屋形舟に乗りながら、「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

はいはい、この中に入ってなさいね。

鍋料理屋 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク