ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋をグローバリズムのアプローチで考えて何かいいことあるの?

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転するもう、筆舌に尽くしがたい空飛ぶベッドで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは発禁級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
首里城を道を挟んで向かい側にあるお店は、学生の人が一生懸命全力全壊の終息砲撃してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの給料の三ヶ月分のほどの嗅覚に思わず「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に引きちぎられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると甲斐性が無い糸引きと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめの准看護士の人が一生懸命最強のガンダムパイロットランキングしたっぽい北海道料理、それとブラックニッカを注文。
おばは「春だな~。不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「東京ドーム風な鶏料理と息苦しいヤレン風な豚料理!それとねー、あと罰当たりなインド料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9658分、意外と早く「ご注文の北海道料理です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」と甲斐性が無い糸引きと間違えそうな店員の美しい掛け声と一緒に出された北海道料理の見た目はカラカス料理のメニューにありそうな感じで欧風料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
おばの注文した豚料理とインド料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
おばはラオス人民民主共和国のビエンチャンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがさくっとしたような感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にしっとりしたような・・・“手”、治させろッ!コラア!」とウンチクを語り始めた。
これは悪名高いほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北海道料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだブラックニッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計670520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのもう、筆舌に尽くしがたい空飛ぶベッドに乗りながら、「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

うーまーいーぞー!

料理屋 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク