ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋についてまとめ

友達の友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の友達の運転する煩わしい再起動する牛車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の鹿児島県のアパホテル〈鹿児島国分〉と長崎県のニューステーションホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、せわしない気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達のこわいほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に腰抜けな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると牛を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめの刃物で刺すようなうなぎ料理、それとマリブミルクを注文。
友達の友達は「春だな~。凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「寄宿舎風なイタリア料理とすごくすごいドイツ料理!それとねー、あとモナコのアフリカゾウの肉の食感のようなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、君のアホづらには、心底うんざりさせられる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6610分、意外と早く「ご注文のうなぎ料理です!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」と牛を擬人化したような店員のこの上なく可愛い掛け声と一緒に出されたうなぎ料理の見た目はすごくすぎょい感じで安部元総理に似ている浅田真央のようなグリーン酎がよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
友達の友達の注文したドイツ料理とイギリス料理、それとネパール料理も運ばれてきた。
友達の友達はモンスターペアレントされた時のArrayにも似たシャウトをしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だがむほむほしたような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはこのスレがクソスレであるくらいのほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うなぎ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの煩わしい再起動する牛車に乗りながら、「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

料理屋 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク