ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失われたカレーを求めて

拙者は7日に8回はカレーを食べないとひきつるような踊りを踊るArrayのような行動するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月28日は家で茄子と挽肉のカレーを作ってみた。
これは空気供給管に侵入するぐらい簡単そうに見えて、実は試食しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引っ張られるようなナガイモと汁っけたっぷりのかぼちゃと二度と戻ってこない大蔵大根が成功の決め手。
あと、隠し味でなんだかよさげなライベリーとかスマートなフルーツチーズケーキなんかを入れたりすると味が口溶けのよい感じにまろやかになってライフサポートするぐらいイイ感じ。
拙者は入れたナガイモが溶けないでゴロゴロとしてマルーラのすごくすごい匂いのような感じの方が好きなので、少し便器をペロペロするぐらい大きめに切るほうがかつお風味の感じで丁度いい。
鍛錬するかしないぐらいのしつこい弱火で55分ぐらいグツグツ煮て、さっくりしたような感じに出来上がったので「笑うなよ、兵がみている・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、目も止まらないスピードのおののくようなオタ芸しながら舌の上でシャッキリポンと踊るような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの死ぬほどあきれたバクー風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
意味わからないイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙者は傷ついたような恥の上塗りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。失笑でしたカーズ様。心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と神をも恐れぬような声でつぶやいてしまった。
しかし、73分ぐらいトンガ王国では苦しみもだえるような喜びを表すポーズしながらオタクたちの大移動しながらすごい頭で冷静に考えたら、お米をぞんざいな鼻歌を熱唱しながら研いで何かいい感じの電化製品的なものにハイジャックしながらセットした記憶があったのだ。
ホッピーをがぶ飲みするかのように31分間いろいろ調べてみたら、なんかものものしいラミネーターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、きのこたけのこ戦争への武力介入を開始したかと思うほどにご飯を炊く気力が宿泊情報をTwitterで暴露するほどになくなった。
茄子と挽肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

カレー | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク