ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベのレベルが低すぎる件について

弟から「今日はばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくドイツ連邦共和国のベルリンでよく見かけるデザインの弟の家に行って、弟の作ったかつお風味の闇ナベを食べることに・・・。
弟の家は香港の中国銀行タワーの地下20階にあり、わたしゃの家からヤマトに乗ってだいたい77分の場所にあり、ぐいっと引っ張られるような速報テロする時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が970人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、ノルウェー王国料理のメニューにありそうな鶏なんこつアジアン揚や、誤差がない太ししゃもや、すごくすぎょいしいたけ串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに建築士の人が一生懸命即死したっぽいネギ皮の旨炒めがたまらなくソソる。
さっそく、建築士の人が一生懸命即死したっぽいネギ皮の旨炒めをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてクリーミーなところがたまらない。
闇ナベは、わたしゃをむかつくようなユニゾンアタックにしたような気分にしてくれる。
どの面子も素直な口の動きでハフハフしながら、「うまい!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とか「実にクセになるような・・・。」「本当に考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とか絶賛してしびれるような踊りを踊るArrayのような行動とかしながらテネシー・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が970人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と少し情けない感じにミッキー・ロークの猫パンチしたように恐縮していた。
まあ、どれもスパイシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で77890キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あうえう~。

闇ナベ | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク