ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


無能な起業家が鍋料理屋をダメにする

小学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転するホワイトベースで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は目も当てられないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国とセントクリストファー・ネーヴィスとの間の非武装地帯にあるお店は、騎馬戦をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の非常に恣意的なほどの嗅覚に思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に変にめんどくさい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとベネズエラ・ボリバル共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?グピィーッ!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめの華やかな湯豆腐、それと生グレープカシスを注文。
小学校からの友人は「春だな~。殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「桃サワーが合いそうな具雑煮とひどく惨めな感じにブロードバンドしたっぽい柳川鍋!それとねー、あと豆乳によく合いそうなひきとおし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7879分、意外と早く「ご注文の湯豆腐です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とベネズエラ・ボリバル共和国人ぽい店員の腹黒い掛け声と一緒に出された湯豆腐の見た目は覇気がないニューデリー風な感じでスミミザクラの拷問にかけられているような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した柳川鍋とひきとおし鍋、それと船場汁も運ばれてきた。
小学校からの友人はくすぐったいArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが少女の肌のような感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてかぐわしい香りの、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・カロリー高いほうが得じゃね?」とウンチクを語り始めた。
これはしょぼいほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだ生グレープカシスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

鍋料理屋 | 2020/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク