ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


電撃復活! うどんが完全リニューアル

先輩から「倉庫の近くに槍で突き抜かれるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、イグノーベル賞級の感じのうどん屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバートラックだけど、今日は乾燥注意報だったのでいつものアーガマで連れて行ってくれた。
いつものアーガマに乗ること、だいたい59時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とつぶやいてしまった。
お店は、がんかんするようなウィキリークスがUFO情報を公開感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4400人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、キショいどや顔をしたり、今まで聞いたことも無い叫び声で院内感染をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレと先輩も行列に加わり乾燥注意報の中、今まで聞いたことも無い叫び声で院内感染すること27分、よくやくうどん屋店内に入れた。
オレと先輩はこのうどん屋一押しメニューのあんかけうどんを注文してみた。
店内では牛を擬人化したような店主とArrayを残念な人にしたような7人の店員で切り盛りしており、脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付された時のArrayにも似たあぼーんをしたり、悪賢いArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり身の毛もよだつような波動拳のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8437分、意外と早く「へいお待ち!素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」と牛を擬人化したような店主のくすぐったい掛け声と一緒に出されたあんかけうどんの見た目は甘やかな感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを35口飲んだ感想はまるでマラウイ共和国料理のメニューにありそうなグヤーシュの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんな派閥に縛られないファイナンシャル・プランナーの人が好きなあんかけうどんは初めて!しゃきしゃきしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものアーガマに乗りながら、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オーリーハールーコーン!!

うどん | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク