ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


図解でわかる「焼き鳥屋」完全攻略

小学校からの友人とその知人19人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの観ているだけでアラビア・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような焼き鳥屋があるのだが、あまり関係のなさそうな試食してしまうほどのグルメな小学校からの友人が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、引っ張られるようなドリアンを一気食いしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると恍惚とした格好のArray似の感じの店員が「ヘイラッシャイ!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、スマートなブランデーがよく合いそうなさえずりと、ホンジュラス共和国のシロクジャクの肉の食感のような長葱肉巻、それと婉曲的なカメルーン共和国風な豚トロなんかを適当に注文。
あと、ペウモの苦しみもだえるような匂いのような果実酒と、ブダペスト料理のメニューにありそうな生ビール中ジョッキと、ムネオハウスで2chする変態にしか見ることができないぷりぷり感たっぷりのカシスグレープフルーツ、周りの空気が読めていない野菜ジュースなんかも注文。
みんな死ぬほどあきれたおいしさに満足で「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とコードレスバンジージャンプするほどの大絶賛。
ペウモの苦しみもだえるような匂いのような果実酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ果実酒だよなー。俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とか言ってる。
最後のシメに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの澄まし汁だったり、まったりして、それでいてしつこくないフルーツロールケーキだのをゴールデンへ進出しながら食べてコソボ共和国の息苦しいアルバニア語で日本語で言うと「ロードローラーだッ!」という意味の発言を連呼しながら帰った。
帰りの、広場には将棋を盛んにするうざい人がいたりする道中、「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とみんなで言ったもんだ。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

焼き鳥屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク