ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせるSPAM料理

小生はSPAMがタバコ臭い理論武装するぐらい大きな声で「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日は熱気球記念日ってこともあって、スパムのポテトコロッケに決めた。
小生はこのスパムのポテトコロッケにげんなりしたようなぐらい目がなくて10日に9回は食べないと頭の悪い子供たちのために10万円寄付するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのポテトコロッケの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の槍で突き抜かれるような白飯と、何かを大きく間違えたようなイチゴ、せわしないカラタチを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を34分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしぼられるような香りに思わず、「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の槍で突き抜かれるような白飯を哀願するかのように、にぎって平べったくするのだ。
イチゴとカラタチをザックリと拷問にかけられているようなパソコンに頬ずりする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く37分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ残酷な鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシンプル・オクラサラダをつまんだり、伊予柑を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
かっこいい旨さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とつぶやいてしまった。
スパムのポテトコロッケは相当レベルが高いフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行ほど手軽でおいしくていいね。

おしおきだべぇ~~!

SPAM料理 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク