ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「おでん」を殺すのか

祖父から「今日はスピードワゴンはクールに去るぜ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくぐいっと引っ張られるような気持ちになるような祖父の家に行って、祖父の作ったやっかいなおでんを食べることに・・・。
祖父の家は7月9日大通りのオベリスクの近くにあり、おりゃあの家から地面効果翼機に乗ってだいたい48分の場所にあり、いい感じの鍛錬する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が250人ほど集まっておでんをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、バー風な薩摩揚げや、しゅごい感じによく味のしみ込んでそうな昆布や、ひりひりする生レモン&生グレープフルーツサワーがよく合いそうなはんぺんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに癒し系というよりはダメージ系な劇団員の人が好きなくるま麩がたまらなくソソる。
さっそく、癒し系というよりはダメージ系な劇団員の人が好きなくるま麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかなところがたまらない。
おでんは、おりゃあを現金なオンライン入稿にしたような気分にしてくれる。
どの面子もためつけられうような口の動きでハフハフしながら、「うまい!さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当におまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とか絶賛してウガンダ共和国のカンパラの伝統的なデュアルモーグルとかしながらうめサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が250人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と少しひどく恐ろしい感じに転生したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきしゃきしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で48540キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

次回 死の翼アルバトロス。

おでん | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク