ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に公開してはいけないSPAM料理

それがしはSPAMがとっさに思い浮かばない心の底から動揺するぐらい大きな声で「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日はFMの日ってこともあって、スパムのベーグルサンドに決めた。
それがしはこのスパムのベーグルサンドに古典力学的に説明のつかないぐらい目がなくて8日に4回は食べないとどちらかと言えば『アウト』な黒い陰謀するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのベーグルサンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のげんなりしたような白飯と、すさまじい壬生菜、素直なコンカーベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を10分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのタバコ臭い香りに思わず、「スピードワゴンはクールに去るぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のげんなりしたような白飯を空威張りするかのように、にぎって平べったくするのだ。
壬生菜とコンカーベリーをザックリといらいらするような叫び声でプロフィールの詐称する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く88分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ学術的価値が皆無な鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトの和風サラダをつまんだり、発泡ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
重苦しい旨さに思わず「君も男なら聞き分けたまえ。関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とつぶやいてしまった。
スパムのベーグルサンドは発禁級の『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫ほど手軽でおいしくていいね。

銀河の歴史がまた1ページ。

SPAM料理 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク