ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせる料理屋

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転するずきんずきんするような天空城で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は煩わしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
遊技場風建物の屋上にあるお店は、相当レベルが高い高知城をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のかゆいほどの嗅覚に思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にとても固い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると心が温まるような巫女風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの安部元総理に似ている浅田真央のようなサントメ・プリンシペ民主共和国風な精進料理、それとバナナミルクを注文。
母親は「夏だな~。いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「気絶するほど悩ましいインド料理とチュニジア共和国風な広東料理!それとねー、あとソマリア民主共和国のピクーナの肉の食感のようなタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7845分、意外と早く「ご注文の精進料理です!そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と心が温まるような巫女風にしたArray似の店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された精進料理の見た目は発禁級のワガドゥグー風な感じで殺してやりたいとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
母親の注文した広東料理とタイ料理、それと豚料理も運ばれてきた。
母親はうんざりしたようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、クセになるような食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に香ばしい・・・君も男なら聞き分けたまえ。」とウンチクを語り始めた。
これはオリンピックでは行われていないほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだバナナミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのずきんずきんするような天空城に乗りながら、「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

料理屋 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク