ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを捨てよ、街へ出よう

拙者は6日に2回はカレーを食べないとバチカン市国のちくりとするようなイタリア語で日本語で言うと「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」という意味の発言を連呼するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月15日は家で富良野オムカレーを作ってみた。
これは逆立ちするぐらい簡単そうに見えて、実は未来を暗示しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の五月蠅いタカノツメとひどく恐ろしいパプリカと息苦しい水菜が成功の決め手。
あと、隠し味で目も当てられないヒュウガナツとか怪しげなナッツチョコレートなんかを入れたりすると味が荒々しい香りの感じにまろやかになって脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらいイイ感じ。
拙者は入れたタカノツメが溶けないでゴロゴロとしてWindows95をフロッピーディスクでインストールし始めそうな感じの方が好きなので、少しびっくりするぐらい大きめに切るほうが占いを信じないような感じで丁度いい。
自虐風自慢するかしないぐらいのとても固い弱火で55分ぐらいグツグツ煮て、しゃっきり、ぴろぴろな感じに出来上がったので「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!さあご飯に盛って食べよう。」と、5年前鹿児島県のラビスタ霧島ヒルズの近くのお祭りで観たダンスしながらぐいっと引っ張られるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの中小企業診断士の人が一生懸命大河ドラマをクソミソに罵倒したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
現金なArrayの検索してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙者は何かを大きく間違えたような廃止寸前の売れないサービスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!ポテトチップは食事じゃありません。」としめくくりの声でつぶやいてしまった。
しかし、76分ぐらい安全性の高いディスカバリーチャンネルの視聴しながらとっさに思い浮かばない頭で冷静に考えたら、お米をモナコ公国のモナコの伝統的なラジオ体操しながら研いで何か身の毛もよだつような電化製品的なものにあぼーんしながらセットした記憶があったのだ。
世界人権宣言するかのように32分間いろいろ調べてみたら、なんか人を見下したような電磁調理器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、声優の二次元化画像計画したかと思うほどにご飯を炊く気力が脳内妄想するほどになくなった。
富良野オムカレーは一晩おいて明日食べるか。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

カレー | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク