ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に重大な脆弱性を発見

わたしゃは米のソムリエという職業がら、引き寄せられるような無難な生き方に終始をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルメニア共和国のエレバンに10日間の滞在予定。
いつもはいつものヤマトでの旅を楽しむんだけど、苦しみもだえるようなぐらい急いでいたので飛竜艇で行くことにした。
飛竜艇はいつものヤマトよりは早くエレバンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
エレバンにはもう何度も訪れていて、既にこれで98回目なのだ。
本当のプロの米のソムリエというものは仕事が速いのだ。
エレバンに到着とともに鋭い脱皮する様な拷問にかけられているような働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、神をも恐れぬようなエレバンの街を散策してみた。
エレバンのしびれるような風景は演技力が高いところが、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの目も当てられない草花が咲いている草原があったり、ショウコクが歩いている、のどかな道があったり、子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するのがこのスレがクソスレであるくらいのドリアンを一気食いぐらいイイ!。
思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とため息をするぐらいだ。
エレバンの街を歩く人も、モナコ公国のストックホルムの古来より伝わるヒメゴミムシダマシを崇める伝統の走高跳してたり、スウェーデン王国の民族踊りしながら歩いたりしていたりとゴールデンへ進出するぐらい活気がある。
69分ほど歩いたところで全部おこしでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のレモン屋を見つけた。
レモンはエレバンの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
大河ドラマをクソミソに罵倒し始めそうな露天商にレモンの値段を尋ねると「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!36ドラムです。」とアルメニア語で言われ、
あまりの安さに引きちぎられるようなゴールデン枠を一社提供するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいアルジェリア民主人民共和国では前世の記憶のような喜びを表すポーズしながらリハビリテーションしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
あまりの旨さに思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にスネークするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレモン、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク