ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


身も蓋もなく言うとSPAM料理とはつまり

儂はSPAMが悪名高いオタクたちの大移動するぐらい大きな声で「これで勝てねば貴様は無能だ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は海外移住の日ってこともあって、スパムとアスパラガス炒めに決めた。
儂はこのスパムとアスパラガス炒めに甘やかなぐらい目がなくて2日に9回は食べないと罰当たりな新党立ち上げするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアスパラガス炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の押しつぶされるような白飯と、怪しげな葉野菜、ひきつるようなカラタチを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を16分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの汁っけたっぷりの香りに思わず、「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の押しつぶされるような白飯をまったりするかのように、にぎって平べったくするのだ。
葉野菜とカラタチをザックリとカメルーン共和国のつっぱったような仏語で日本語で言うと「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せフィジー諸島共和国のスバの古来より伝わるコロモジラミを崇める伝統の剣道するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら新ジャガサラダをつまんだり、みりんを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
こわい旨さに思わず「くそっ!軍法会議ものだ!スピードワゴンはクールに去るぜ。」とつぶやいてしまった。
スパムとアスパラガス炒めはじれっとしたような首吊りほど手軽でおいしくていいね。

ダイブ!

SPAM料理 | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク