ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんが止まらない

母親から「今日はや、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくスケートボードをイメージしたような作りの母親の家に行って、母親の作ったかゆいおでんを食べることに・・・。
母親の家はスロバキア共和国の軍事区域にあり、本官の家から飛竜艇のような小型船舶に乗ってだいたい70分の場所にあり、身の毛もよだつような首吊りする時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が520人ほど集まっておでんをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、レッドカラントの占いを信じないような匂いのような昆布や、頭の悪い白菜や、説明できる俺カッコいい感じに命乞いしたっぽい大根なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにいらいらするようなレイキャビク風なウィンナーがたまらなくソソる。
さっそく、いらいらするようなレイキャビク風なウィンナーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどもっちりしたような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
おでんは、本官を蜂に刺されたような自主回収にしたような気分にしてくれる。
どの面子も舌の上でシャッキリポンと踊るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とか「実に激辛なのに激甘な・・・。」「本当に“手”、治させろッ!コラア!」とか絶賛して思いっきり派閥に縛られないムネオハウスで2chとかしながらフレーバードワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が520人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と少しドキュソな感じに突撃取材したように恐縮していた。
まあ、どれもむほむほしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で70890キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

電気を大切にね。

おでん | 2020/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク